大きくリニューアルするのではなく、今あるサイトを改善することで、申し込みやお問い合わせに繋げることができます。
現在のサイトを元に改善をしていくため、リニューアルよりも予算や時間をかけずに、数字に繋げることができます。

サイトの使いやすさは、お問い合わせや予約数に影響を与えています。

『開発予算の10%をユーザビリティ(使いやすさ)に費やすことで、コンバージョン(お問い合わせ数や申し込み数)を83%改善することができる(https://www.nngroup.comより)』 と言われているくらい、サイトの使いやすさは、お問い合わせ数や申し込み数に影響を与えます。

サイトがわかりづらい・使いづらい、望んでいるものが見当たらない場合、ユーザーはサイトを離れます。

サイトの使いやすさのテストを実施してみると「こんな初歩的なこともユーザーはできなかったのか」というような、予想もしていない、“つまずき”が発見されます。 自分たちがサイトを迷わず使えているから、自分たちはサイトに載っている情報がどれも正しく理解できるから、ユーザーも同じように使え、理解できるとは限りません。過去に実施したテストでは、想定しているような使い方がされたサイトは1つもありませんでした。

改善内容の洗い出し方と改善方法

ユーザビリティテスト

1、ユーザビリティテストの実施

ユーザビリティテストとは、ユーザーに実際にサイトを使用してもらい、問題を発見する調査の一つです。5人の被験者に対しユーザビリティテストを実施することで使いやすさに関する問題の85%がわかると言われています。
ご予算に合わせて3人〜5人へのユーザビリティテストを実施いたします。

ユーザビリティテスト

2、サイト分析

アクセス解析などのツールを使用し、SEOやモバイル対応、サイトの重さやソースについてなど、ユーザビリティテストではわからない問題点や改善点を洗い出します。 Wordpressが導入されている場合は設定なども合わせて確認いたします。

ユーザビリティテスト

3、改善点に優先順位をつけ、予算に合わせ修正対応を行います。

テストの実施後、判明した問題点に優先順位をつけ、予算に合わせ修正箇所を選んでいただき順次修正を行います。
改善後さらにユーザビリティテストを行うこともできます。テストと改善を繰り返すことでさらに使いやすいサイトに近づいていきます。

  • ユーザビリティテストはオンラインのテストツールを利用いたします。
  • ユーザーに近い被験者を集めるのが困難な商材の場合は実施できない場合がございます。

料金

サイトのリニューアルでは通常200,000円以上の費用がかかってしまいますが、改善であれば、問題の大きい部分だけをまずは修正するなど、優先順位に合わせ選択することができます。
また、テストによりどこが問題なのか理解することで、闇雲に手を入れるよりも的確に改善を行うことができます。

テスト・分析結果提出22,000円(税抜)※テスト被験者3名の場合
サイト改善作業修正内容の項目ごとにお見積をお出しいたします

比較的大きなサイトを、毎月決まった予算をかけて数字を見ながら改善していきたい、というようなご相談もお受けしております。

face iconお気軽にお問い合わせください

サイトがわかりづらい、効果が出ていないない、とお悩みの方や、初めてサイトを持つ方、これからWebに力を入れていきたい方など、ぜひご相談ください。
制作会社様からのご依頼もお受けしております。

お問い合わせ