schema.orgを初めて使ってみました

Date : category :

記述の仕方を覚えないとと思いつつ後回しにしていたschema.orgを初めて少しだけ使ってみました。
schema.orgとは、構造化データと言われるもので、これをHTMLの中に宣言していくことで、「山本美代子」という言葉に対して、「人の名前」だということを意味づけることができます。
Googleの検索結果画面に、レビューやレシピの料理画像などリッチな検索結果表示がされることがありますが、構造化データを入れることでそれらが生成されていると言われています。(リッチスニペット)

最近はリッチカードというさらにビジュアル的な検索結果画面が導入されました。
それらもschema.orgを使ってのマークアップが必要ということで、そろそろ私も使えないと!と思い今回初めてコーディングに(本当に少しだけ)導入してみました。
イベントだったり、レシピだったり検索系のサイト制作をするならぜひ導入したい技術なので、それまでに身につけておきたいなぁと思います。
ちなみに、構造化データテストツールというのがありまして、正しくマークアップできているのだろうか、と心配していましたが、エラーも警告も出なかったのでひとまずは大丈夫そうです。

face iconお気軽にお問い合わせください

サイトで商品やサービスの魅力を伝えきれていない方、
使いやすい、読みやすいUIデザインを取り入れたい方、
これからWebに力を入れていきたい方など、ぜひご相談ください。
初めてサイトを持つ方もご安心ください。
サポートしながら進めてまいります。

お問い合わせ