Web業界も玉石混合

Date : category :

同業者のことを悪く言いたくはないのですが、時々

  • 作って完成さえすればいい
  • クライアントのビシネスのことはどうでもいい

または

  • クライアントのサイトを受注する力量がないのに受けてしまった

というような雰囲気のサイトを引き継ぐことがあり、心を痛めることがあります。(本当に時々ですが)

Webデザイナーになるには資格も必要ありませんし、Webデザイン自体のクオリティのチェック機関なども存在しないため、ある意味誰でもWeb制作をすることができます。

デザイナーだけではなく、窓口に立つ人(営業等)が「Webのことは全くわからない」という場合も多々あります。
そしてひどい場合には、間に何社か入り中抜きをされ「作るだけ」の案件としてデザイナーに丸投げという場合も…。
そうなるとお客様のWebにかける想いはどこかに行ってしまい、ただの「作業」として事務的にやりとりをするだけで制作が終わってしまいます。

お客様は自分のビジネスの成功のためにサイトを依頼するのであり、サイトが完成さえすればクオリティや中身はどうでもよいという方はいないと思います。

Webサイト制作を前に、お客様のビジネスのためではなく、自社の利益のためだけに仕事をしているのでは?という瞬間を見るのはとても残念です。
もちろん自社の利益が出ないと困るというのはわかりますが、Webは今やとても重要な位置付けにあるため、お客様のビジネスの重要な部分を担っているという意識は大切なのでは?と思っています。

お客様は玉石混合の中どうやって制作者を見分ければよいのか…。
なかなか難しい問題ですが、私が思いつく一つの基準として、大手企業の制作を受けている制作会社で一定期間働いた経験があるというのは基準になるかもしれません。

私も制作会社出身ですが、仕事の進め方、納期やクオリティに対する意識など、制作会社で働く中での習慣でちゃんとできている部分があるのではないかと感じています。
また、Webを専門としているのかどうか、なども判断のポイントかもしれません。

玉石混合なのはどの業界も同じだと思うのですが、発注される方にはできるだけちゃんとした制作者の方に巡り合ってほしいと願うばかりです。

face iconお気軽にお問い合わせください

Webサイトの制作を発注したい、リニューアルを検討中、
サイトを改善したいなどお気軽にご相談ください。
初めてサイトを持つ方もご安心ください。
知識共有含めサポートしながら作業を進めます。

お問い合わせ