Web業界も玉石混合

Date : category :

同業者のことを悪く言いたくはないのですが、時々

  • 作って完成さえすればいい
  • クライアントのビシネスのことはどうでもいい

または

  • クライアントのサイトを受注する力量がないのに受けてしまった

というような雰囲気のサイトを引き継ぐことがあり、心を痛めることがあります。(本当に時々ですが)

Webデザイナーになるには資格も必要ありませんし、Web制作のクオリティをチェックする機関なども存在しないため、ある意味誰でもWeb制作をすることができます。

窓口に立つ人(営業等)が「Webのことは全くわからない」ということも珍しいことではありません。
間に何社か入り、お客様のことを直接よく知らない者が制作をするということも多々あります。
素人の作ったワイヤーフレームをそのまま渡されデザインをしてくださいという案件もあります。

デザインだけのリニューアルでは結果が出ないことはこの業界ではよく知られていることですが、デザインを綺麗して中身はそのままというリニューアル案件も少なからずあります。

そういった制作手法では、サイトは完成はしますが、お問い合わせや依頼など結果が伴うかといえば、残念ながら難しいのではないかと思います。

お客様は自分のビジネスの成功のためにサイトを依頼するのであり、サイトが完成さえすれば、またデザインさえ綺麗であれば、お問い合わせや依頼につながらなくてもよいと思う方はいないと思います。
(デザインが綺麗でさえあればお問い合わせに繋がるという思い込みをされている方はいらっしゃるかもしれません。実際はデザインだけではお問い合わせには繋がりません。そうじゃないですよ、と説明をするのも制作者の仕事だと思っていますが、説明をされない場合も多いのではないかと思います。)

Webサイト制作者が、お客様のビジネスのためではなく、自社の利益のためだけに仕事をしているのでは?という瞬間を見るのはとても残念です。
もちろん自社の利益が出ないと困るというのはわかりますが、Webは今やとても重要な位置付けにあるため、お客様のビジネスの重要な部分を担っているという意識は持たなければならないと思います。

お客様は玉石混合の中どうやって制作者を見分ければよいのか…。
なかなかこれは難しい話です。

業界の信頼という意味でも、「ただ作るだけ」から「結果を伴う制作」が当たり前になるように願いますし、業界全体でいかに結果を残すか、皆で切磋琢磨できる環境になると嬉しいなと思っています。

face iconお気軽にお問い合わせください

Webサイトの制作を発注したい、リニューアルを検討中、
サイトを改善したい方等、お気軽にご相談ください。
初めてサイトを持つ方もご安心ください。
サポートしながら進めてまいります。

お問い合わせ