行動経済学を学ぶ理由を教えてもらいました

Date : category :

実は2013年からUX DAYS TOKYOというUXのカンファレンスを主催しているWDEに月2回ほど出向して終日作業のお手伝いなどを行っています。

今日帰り際にWDE代表の菊池さんから行動経済学を学ぶ理由についての話を聞くことができ、とてもためになったので、ブログに書いてみることにしました。

UX DAYS TOKYOではUX TIMESというブログの運営を行っており、UX DAYSのスタッフの方が各自自分で調べた用語をオンラインで発表したりディスカッションしたりされていて、その用語はブログに用語集として記事化され蓄積しています。

私も定期的に用語集の記事を拝見してはいるものの、なぜこれを学ぶ必要があるのかということがイマイチわかっていませんでした。

今日菊池さんから聞いて私が理解した(と思っている)ことは下記の通りです。

  • 何十年も前に(そして最近も)心理学者の人が調べて判明していることがたくさんある。
  • ABテストを行って数字が上がったというのは心理学の法則にたまたまマッチしたやり方ができていたためだったりする。
  • 行動経済学など用語集にあるような内容を学べば、そんなの(ABテストをするまでもなく)当たり前と思うようになる。
  • 学ぶことで、ボタンが大きいとどうしてコンバージョンが上がるのかなど、サイト上の要素について説明できるようになる。
  • GoogleやFacebookなどはそういったことを理解している人が作っている。
  • 海外では大学1年生ですべて学ぶような基礎の内容で、それを知らなければ応用などやれない。
  • 行動経済学のワークショップの講師の方と話をしていると、当たり前にそういった話が出てくる。

ということでした。

WDEのお二人は、以前から用語集の内容を大切にされていらっしゃる印象で、そこも実は今現在ほどには理解できていなかったのですが、お話を聞いて、ようやく少し理解できてきたような気がしています。

私はデザインでお客様のビジネスのお手伝いをしていく、そして自分のできることのレベルを上げてよりお客様の力になること、が目標なのですが、UX TIMESの用語集にあることを学ぶことでも自分の目標にも近づけるのかなと(ようやく)思ったりしました。

日本では私も含めこういったことをしっかり学んでいる制作者もまだ少ないのではないかと思っています。

情報設計を仕事で行っている人は多いと思うのですが、ちゃんと理解している人の目線で見ると実は全くちゃんとはできていないのかもしれないとも思いました。(今日はそのあたりの作業を行ったので、よりそう思うのかもしれませんが)

勘や何となくではなく、他の真似でもなく、理論に基づいたデザインができるようになることで、よりビジネスのプラスになるWebサイトやアプリを作れるようになるはずですし、そうすることで、自分自身も求め続けられる制作者でいられるのではないかと思います。

用語集の話が中心になってしまいましたが、表題の行動経済学は秋にまたワークショップがあるようなので参加したいと思っています!
用語集については読むだけではなく、どう利用(学習)すべきか菊池さんから助言もあったので、教科書にさせてもらい学んでいこうと思います!

face iconお気軽にお問い合わせください

Webサイトの制作を発注したい、リニューアルを検討中、
サイトを改善したい方等、お気軽にご相談ください。
初めてサイトを持つ方もご安心ください。
サポートしながら進めてまいります。

お問い合わせ