Webサイト制作にヒアリングが必要なわけ

Date : category :

既存サイトと将来的に目指したい(デザインの)サイトの2種類を見てお見積~サイト制作までを行えませんか?というご相談をときどきいただきます。

制作会社様からの依頼であれば制作方針を決めるのは受注された制作会社だと思いますので、そのままお受けする場合もありますが、直接のご依頼の場合は、必ずヒアリングを行ってからお見積や制作に入らせていただいています。

デザインだけのリニューアルでは数字を上げることは難しい

既存サイトを拝見させていただいて、サイトの抱える問題が「デザインのみ」ということもまれにあります。Webに力を入れて社内で試行錯誤してコンテンツをしっかり作ってこられたようなサイトです。

そういった場合には、デザインのみをご提案させていただくので、メールやお電話だけでの制作も可能です。

しかしながら、抱えている問題が「デザイン」だけではない場合であることの方が多く、その場合デザインだけを変えるリニューアルをしても、「お問い合わせを増やしたい」「サイトへの流入を増やしたい」というゴールの達成にはつながりません。

数字を上げるためには、サイト上で自社の強みやメリットをちゃんと伝えたり、サイトへの流入ルートを作ったり(SEO)、ユーザーが抵抗を感じるポイントをクリアしておくなど、必然的にサイトのコンテンツから考える必要が出てきます。

企業やサービスの魅力を理解し、伝えるためには、ヒアリングなしでは難しいと考えています

実際にお会いしてお話を聞かせていただくと、サイトには載っていない「実はこんなに素晴らしいサービスなんだ」というような話や、「今はこうだけど、今後はこうしていきたい」というお話をお聞かせいただいたりすることが多く、お客様が魅力や想いをサイト上で表現しきれていない現状に出会います。

お会いする皆様が、熱い想いを持って、顧客に喜んでもらおうとお仕事をされていらっしゃいます。
そうした想いを受け取り、ちゃんとユーザーに魅力を伝えるためにサイトを制作するのがWeb制作者ではないかと思っています。

メールや電話だけでは、コミュニケーションの量が限られてきます。お客様の強みやサービスの魅力を理解するのにそれだけで足りることはなかなかありません。

限られた予算でたくさんのことができるわけではもちろんないのですが、予算内でできる最大限のことを行うためにもヒアリングやそしてワークショップの実施などを重視しています。

face iconお気軽にお問い合わせください

サイトで商品やサービスの魅力を伝えきれていない方、
使いやすい、読みやすいUIデザインを取り入れたい方、
これからWebに力を入れていきたい方など、ぜひご相談ください。
初めてサイトを持つ方もご安心ください。
サポートしながら進めてまいります。

お問い合わせ