「融けるデザイン ―ハード×ソフト×ネット時代の新たな設計論」を読みました

Date : category :

「融けるデザイン ―ハード×ソフト×ネット時代の新たな設計論」を読みました。

非常に面白く、インターフェース、インタラクション、UIデザイン、プロダクトデザイン、Iotというようなキーワードに興味がある方におすすめの本です。
今後のものづくりに関して、非常に重要な視点が書かれていると感じました。

more

「How Google Works 私たちの働き方とマネジメント」を読みました

Date : category :


非常に面白く、参考になる情報がたくさんありました。
現代に働くさまざまな方、会社経営者の方など多くの方におすすめしたい本でした。
組織のあり方や、Googleのサービスにおける姿勢などが前半書かれていますが、ちょうど今サービスデザインの勉強をしていることもあり、個人的には後半の「イノベーション」の項が非常に参考になりました。
物事を10倍スケールで考えること、プラットフォームの世界のこと、新しいビジネスは「ユニークな技術的アイデア」にもとづいているべきであるということ、一つの経済の時代から次の時代へ移り変わるときのビジネスについて。どれも非常に参考になることばかりでした。

more

「ビジネスモデル・イノベーション」を読みました。

Date : category :


サービスデザイン・イノベーションについて学びたくて、たまたま図書館で見つけたので借りてみました。
イノベーションを10のタイプに分類し、それぞれの説明と事例、また112のイノベーションの戦術と組み合わせ事例が紹介されており、イノベーションについて知識の薄い初心者にはありがたい入門書となっておりました。
(1)利益モデル
(2)ネットワーク
(3)組織構造
(4)プロセス
(5)製品性能
(6)製品システム
(7)サービス
(8)チャネル
(9)ブランド
(10)顧客エンゲージメント
過去どういうイノベーションが企業でなされており、それが上記のどのタイプのイノベーションの組み合わせなのかを知れるのは非常にありがたかったです。

イノベーションとは製品やサービス単体を指すのではない。
製品やサービスだけのイノベーションはすぐに模倣されてしまうのであり、
持続的に成功するイノベーションを生み出すためには、
いかに本書で紹介する「10個のフレームワーク」を複数個組み合わせて生み出すかが重要なのだ。

more

検索刑事(デカ) を読みました

Date : category :


お客様でSEOについて誤った知識を持っていらっしゃるのでは?という方がいらっしゃったので、正しいSEOについての考え方を理解してもらうための本はないものか、、と思っていたところ、ミステリー小説風にSEOの考え方を理解できる小説があるらしいと聞いて試しに読んでみることにしました。
それがこの「検索刑事(デカ) 」です。
ストーリーは、「羽毛布団」というキーワードで6ヶ月以内に検索エンジンで1位を取るサイトを作らなければ天誅を下すという脅迫文のもとに、新人女性刑事の京丸が、SEOについて学んでいく、、というものです。

more

ユーザーストーリーマッピングを読みました。

Date : category :


クライアント様と一緒にストーリーを使い、マッピングに落とし込む手法はサイト制作で昨年から取り入れていましたが、その手法について、非常にわかりやすく説明してありました。私は小規模なものでしか実施したことはないのですが、大規模なサービスにこそぜひ取り入れてほしい手法です。

more

「イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ」を読みました

Date : category :


経営学の理論を用いて、どうしたら幸せな人生が送れるかの指針となる考え方が自身の体験とともに紹介されています。
キャリア・家族・友人・心の在り方など、人生を豊かにするために必要な要素をどのように持ち・作り・継続していくか。
誰もが人生の中で必要となる考え方を、企業の意思決定や考え方の例から学ぶことができます。多くの企業例は非常に興味深く、また家族(特に子供)に対する考え方など参考になることが多かったです。
多くの方がWeb上で感想を書かれていらっしゃるので、ここからはWebデザイナーの目線で感想を書いてみたいと思います。
実は本の中で最も興味をひいたのが、IKEAの事例を紹介している章です。今のWeb制作に用いられている理論が、理解しやすく紹介されています。
理論の名前は「片づけるべき用事(“Jobs To Be Done”)」。
これまで「年齢、性別、学歴、所得水準など、人口統計学的属性にもとづくターゲット層に分類」している店舗が中心だったのにIKEAでは「片づけるべき用事」を中心に構成されているそうです。
「商品・サービスを購入する直接の動機となるのは、実は自分の用事を片づけるために、その商品を雇いたいという思いなのだ」

more

face iconお気軽にお問い合わせください

Webサイトの制作を発注したい、リニューアルを検討中、
サイトを改善したいなどお気軽にご相談ください。
初めてサイトを持つ方もご安心ください。
知識共有含めサポートしながら作業を進めます。

お問い合わせ